スタンフォードの心理学教授に学ぶ子供のほめ方

http://innova-jp.com/blog/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%BB%E4%BA%BA%E6%9D%90%E8%82%B2%E6%88%90/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%82%81%E6%96%B9

彼女が、子供を対象に研究を進める中で、気付いた事があった。それは、

学ぶことが大好きで何にでも挑戦しようとする子供がいる反面、失敗する事をおそれ、新しい事に挑戦するのを避ける子供がいるという事である。

まず、頭の良さをほめたグループは、新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなった。ボロを出して自分の能力を疑われるかもしれないことは、いっさいやりたがらなくなった。一方、努力をほめられた生徒達は、その9割が、新しい問題にチャレンジする方を選び、学べるチャンスを逃さなかった。

つまり、子供が努力した事をほめると、子供は努力する事に喜びを感じるようになるのだ。

子供が難しい課題と、どう向き合うか?
さらに、生徒全員になかなか解けない難題を出した。

頭の良さをほめられたグループは、難問を解くことにフラストレーションを感じ、自分はちっとも頭が良くない、こんな問題を解いても楽しくない、と思うようになった。そして、自分は頭が悪いのだと考えるようになった。

努力をほめられたグループは、難問をだされてもいやになったりせず、むしろ、難しい問題の方が面白いと答える子どもがおおかった。なかなか解けない問題があったとしても、イライラしたりせず、「もっと頑張らなくっちゃ」と考えたのだ。

すなわち、努力をほめられた子供は、積極的に難しい事に挑戦できるようになるのだ。

ほめ方は知能にも影響を与える
その後のテストでも驚くべき結果が出ている。

難問が出された後、頭の良さをほめたグループは、成績ががくんと落ち、再びやさしい問題がだされても回復しなかった。自分の能力に自信がなくなり、スタート時よりも更に成績が落ちてしまったのだ。

一方、努力をほめたグループの出来はどんどん良くなっていった。難問に挑戦した事で、スキルに磨きがかかり、その後、ふたたびやさしい問題がだされたときいは、すらすら解けるようになった。

ドゥエック教授の研究によると、以下のような事が判っている。
能力をほめると生徒の知能が下がり、努力をほめると生徒の知能が上がった事になる。

以上の通り、子供をほめる時は、能力をほめては行けない。努力をほめないといけないのだ。