音楽を聴く機会が増えたのにCDが売れない1つの理由

http://d.hatena.ne.jp/nakakzs/20120628/1340897060
音楽は一度観たら2度目を見る確率はぐんと減る映画DVD等と違い、何度もリピートして聴くことが出来るものです(どうもここを勘違いして、音楽も消耗品と見なしている業界の人がいるようにも感じますが)。故に前述のように簡単に過去のお気に入り曲を膨大な数から聞けるようになるということは、わざわざ新曲を買わなくてもよいという状態になってしまっているのではないでしょうか。

この状態では新曲は圧倒的に不利です。何せ過去作は過去にすでに買ったものなので0円ですが、新曲は金がかかる、そして対抗しなくてはいけないのは、今までに出た過去の名作。その上お気に入り補正までありますからね。ここから持っているという要素を抜いたとして、同じようにiTunes等で販売されたとしても、旧作の名作はかなり強いでしょう。実際iTunesのランキングでも、現役アーティストではあるけど新譜ではないアルバムとか多く見かけますし。