“空白の2年”が致命傷に 1年で300社以上の採用試験に落ち続けた40代男性

http://diamond.jp/articles/-/24713?page=4

 ハローワークは、まったく役に立たなかったと、Aさんは明かす。

ハローワークの窓口の人たちが、求人票を見て、その仕事がどのくらいの実務経験や技術系の資格取得者が必要なのか。求職を求める人たちと求人内容とをマッチングさせる能力がないんですよ」

 また、官庁や自治体の外郭団体が求人を出すケースが増えている。いままでは縁故などを水面下で採用していたが、表に出すことになった。だから、求人件数も増えたのだという。それは一見、いいことなのだが、応募の結果について、何の音沙汰もない。

 Aさんは、こう疑問を投げかける。

「応募するとき、履歴書など個人情報を郵送などで提供したら、結果について知らせるとか、個人情報は責任を持って処理するとか、公的機関だからこそ明示すべきだと思いませんか?」

 資格についても、まったく役に立たないことを実感したという。

「私は、履歴書の資格の欄が立派に埋まるんです。ところが、ほとんどの資格は、自分で開業している人か、企業で必要に迫られて持っている人以外、まったく役に立ちません。ところが、資格の学校は、その必要性を盛んに煽ります。社団法人や財団法人、NPOなどが、ものすごい数の資格を作っている。でも、資格を取っても、就職活動にプラスになるわけではありません。資格に幻想を持っている人がいますけど、公認会計士早期退職を迫られたり、生活保護を受けている弁護士もいたりするのが現状です」

親の介護や自分自身の病気、転居を伴う遠隔地への転勤、子どもの出産など、何らかの理由で、仕事を離れざるを得ない人もいる。

「私が感じたのは、一旦、仕事を離れると、人としての価値が下がったような扱いをされることです。理想的なのは、大学を卒業してから現在まで仕事が一貫していて、転職の回数も少なくて、途中のブランクがないこと。石油やガスのパイプラインじゃないですけど、継ぎ目がちゃんとつながっていて、途中で漏れていないことなんです。ところが、いまは、事情があって継ぎ目がうまくつながらない人が多い。そういう人たちが、社会から排除されているような気がするんです」
 人材紹介会社のコンサルタントの中には新卒で人材紹介会社に入っている人もいる。しかし、転職してきたり、いろいろな業界を知っていたりする人材でないと、適切なアドバイスやマッチングはできない。

 また、定年退職した人が過去の人脈を活かして行う人材仲介会社に行くと、“こういうところが良くない”などと一方的にお説教される。高圧的で不快な思いをした上に、その後まったく連絡してこない。血液型や本籍(出身県)を聞かれたこともありました。いったい、どんな意味があるのか。テレビの県民ショーでも見てるのかと思いました」