読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(一次面接で落ちる原因)

就職就活(一次面接で落ちる原因)元就活生、現在 民間企業で採用担当者を
やっています。

>最近要約インターンなどのESに通過することが出来ることも増えました。
>しかし、一次面接でどれもお祈りされます。

私もESは通って一次面接でことごとく
落ちました。100社くらいです。

>自分でも、当たり障りのない事を言っているなと感じるし、
>一緒にいろいろな行動をして、この人はこんな考え方なんだ
>ということを行動から把握してお互いの理解を深めてきました。

『一緒にいろいろな行動をして、この人はこんな考え方なんだ
ということを行動から把握してきました。』

これも面接で言っていいと思います。
多くを語らないあなたの性格を表しています。

>一応ESでは塾講師についてと
>留学経験のどちらかを書いていて
>どちらも頑張りましたが、

良いと思います。
多くの学生さんはもっと当たり障りの
ないことを書いていますし
面接でも話しています。

>長い目で見た私の大学での目標は、
>いかに自分の好奇心の赴くままに行動するか
>(富士山登ったり)とか、
>深い人間関係を構築することで、
>それが日常の頑張りだったので、
>言葉にすると薄いなと感じます…

・時間がある大学生のうちにしかできないこと
(富士山に登るなど)
・深い友達関係の構築
に力を入れた。

そういうことを
学生時代にやっておけばよかったな、と
私は今になって思います。
あなたの学生時代の過ごし方は非常に的確だと思います。

>自己紹介や合コン、もちろん面接もですが、
>そのような自分を伝えないと!という場では>本当に普段の自分が出せません。

>人に心を開いてもらうために自分の失敗とか
>をフランクに話して感覚的にやってきた
>ので、何の役にも立ちません。

個人 対 個人なら話せて、
自己アピールの場で離せないのは
恥をかくのが怖いからです。
プライドが高いのです。

・優秀な学校に通っている
・学生時代も他の学生並みか、それ以上に
 頑張ってきた
・それなのに回りは面接に通り、
 自分は一次面接で落とされる

というジレンマがあなたを苦しめています。

落ちる理由
・大手企業ばかり受ける
 (一流大学の学生同士の争いになる)
・元気がない(はきはきとした受け答え、
 質問されてからの回答までの速さ)
・声が小さい

それなりの大学に受かった
学生時代も充実していた
燃え尽き症候群に陥っている可能性もあります。

「それなりの大学に行っているから
 就活もうまくいくはず」という思い込みが
私にもありました。

面接ではしゃべりのうまさを見るのではなく

TPOにあった振る舞い、
必死さ、真剣さ、
その会社に入りたいという本気さ 
を見ています。


(まとめ)長くなりましたが、
自分の就活を振り返るに
他の学生に比べ元気がなかったんだな、
と思います。

あなたがやってきたことは間違っていません。
自信を持ってください。
『第一声から大きな声でしゃべる』ことだけ
心がければきっといい結果が出ます。