読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族関係の修復

人間、自分がしたこと言ったことは覚えていなくても
人にされたこと、言われたことは覚えているものです。

>「貴方のサラ金の取り立てでこちらに来た人たちに追われ、
>恐ろしい日々を過ごしました。
>実家の兄や姐さんもどんなにご苦労されたか計り知れません。

日夜問わず電話が鳴ったり
ドアをたたかれたり
ピンポンが鳴るたびにサラ金じゃないかとおびえたり
ドアに張り紙されたり
体格のいい男性を見るたびにサラ金じゃないかとおびえたり
近所の人に聞こえるように借金取りに来たといわれたり
そんな日が何か月も続いたのでしょう。
外出や買い物もままならない

忘れられないでしょうね。

・誤った推測かもしれませんが、あなたと連絡を取ると
またサラ金から連絡があるのでは?と心配だったので
お姉さん本人から返信しなかったのでしょう。


>今は普通に過ごされているのですか?」

これがようやく前を見始めてくれたサインですよ。