読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楫取素彦はイジメられていた?

>中央集権化をしている明治時代に

各県が勝手に税金を取り軍事力・警察力を持っていた
江戸時代が250年続いた後
欧米列強の侵略に対抗すべく明治政府が出来て、
まだ20年も経たない頃です。
中央集権化は現代よりも進んでいませんでした。

>中央から役人が送り込まれるのだから
>現代の県知事よりはるかに偉いのではないのでしょうか?

県知事は県民の選挙で選ばれます。
明治初期はあえてその地に縁のない人物が県令に選ばれました。
住民からすれば、どこの馬の骨、です。

中央政府の権威と圧力に支えられて
>県令が送り込まれるのでしょうから、
>命令には逆らえない絶対的な存在ではなかったのだろうか?

県令の主な役割は中央政府が決めたことの実施と
治安維持であって、県令が主体的に治めることできる権限は皆無でしょう。

何せ県令の自由になるお金がない。県庁の建設費や学校の建設費すら
民間の寄付でやっとのことできた、と言う話です↓↓

楫取素彦は第2次群馬県の初代県令となった。当初県庁は高崎に置かれることになったため、楫取素彦は高崎町民に協力を求めたが得られなかった。そこで下村善太郎を中心とした前橋の有力者25名は、師範学校の建設や衛生局の設立などに私財を投じ、物心両面から楫取の県政を支える決意を示した。楫取素彦はその熱意に感動し、県庁を前橋に移す決心を固めた。1881年(明治14年)に県庁が前橋に置かれることになり街の繁栄の基礎が築かれた[1]。
県庁移転費用調達の協議会では、下村善太郎が「一万両出すから」と口火を切り、ある富豪に「三千両出してもらえないか」と持ちかけたところ、「二十両でも出せない」と嫌がったため、怒った勝山宗三郎がこの富豪の頭を二つ殴り、「一打ちが千両として、二つ打ったから二千両増して(私の分と合わせ)三千両出しましょう」と言ったので、目標金額の三万両は即座に集まったという

^ 『広報まえばし』(前橋市、2014年1月1日号)4頁。特別寄稿文化国際課手島仁
^ 『手島仁の「群馬学」講座』第54回(東京新聞群馬版)