アパートの鍵をなくした

兼業大家です。

1.質問者様には、鍵を無くしたことがわかった時点で、早急に大家または管理会社に連絡をする義務があります。

報告の義務ですから、早急に大家または管理会社に連絡をされてください。

2.鍵は設備ですので、鍵の返却ができなければ借主の実費です。

3.鍵は、緊急時の立ち入り・裁判での立ち入りなども考慮して、合い鍵を大家に預けなければなりませんので、勝手に取り替えることはできません。

4.暗証番号式の鍵に実費で交換した場合でも、設備を無許可で勝手に変更することはできませんから、大家または管理会社への連絡と同意が必須です。

5.暗証番号式の鍵に大家が合意して実費で交換された場合、退去時は大家が買取るか、鍵交換の実費をいただいて暗証番号式の鍵は質問者様が受取るかになります。

本来であれば鍵を無くせば弁償は当然ですが、金払いの良い大家や別の鍵の保管してある大家ならタダといううこともありえます。
しかし、報告の義務を果たさず、退去時になって鍵が足りない・なくしたと言い出すような借主なら、原状回復費用として、普段ならおおめに見てあげるようなところもしっかり請求する気持ちになります。

いずれにせよ、合い鍵が使えなくなった時点で報告の義務がありますから「早急に」大家に連絡をされてください。