野球オーストラリア代表の小さな誇り

小さな誇り


オーストラリアの乾いた大地を疾走するトラックの車内。

「ところで相棒、バックミラーにかかってるこの銀色のメダルは何なんだ?」

「いや、ちょっとしたお守りみたいなもんさ」

「おい、ちょっと待てよ。これ、本物の銀じゃねえか!」

「そんな目で見るなよ。昔、あるスポーツの大会でもらったのさ。そう、俺は

オリンピックに出たんだ」

「オリンピック? 冗談よしてくれ。あれは選びぬかれたスポーツエリートだ

けが出られる大会だろうが。お前みたいに一日中トラック転がしてる奴がどう

やってオリンピックに出るんだ?」

「それもそうだよな、ハハハ。」

「わははは」

しかし、遠い地平線を見る運転手の青い瞳には、ある一日の光景が焼きつい

ていた。ありあまる資金で高級ホテルに泊り、薄ら笑いを浮かべながら会場に

現れる東洋人の球団。彼らのほとんどが一年で百万ドル以上を稼ぐプロの選

手だという。

若いオージー達は燃えた。そして、全力で立ち向かい、ぎりぎりの勝利を掴

みとったのだ。たいていの人間が野球というものを知らないこの国では、誰も

彼らを賞賛しなかった。しかし、胸の奥で今も燃え続ける小さな誇りとともに

今日も彼はハンドルを握り続ける。