しにものぐるい

さあ…立て たちあがれ

体力がひとしずくだってのこっているうちは

ねむるなんてゆるさないぞ ゆるさない

足が動かなければ 手であるけ

てがうごかなければ ゆびでゆけ

ゆびが動かなければ

歯で雪をゆきをかみながらあるけ

はもだめなら 目であるけ

目でゆけ 目でゆくんだ

めでにらみつけながらあるけ

めでもだめだったら

それでも なんでもかんでも

どうしようもなくなったら

ほんとうに ほんとうに

ほんとうの ほんとうに

どうしようもなくなったら

もうほんとうに

こんかぎり あるこうとしてもだめだったら

思え

ありったけのこころでおもえ

想え