なくしたiphoneを探す方法

iPhone紛失時における「iPhoneを探す」の正しい知識

iPhone紛失時に「iPhoneを探す」に関して知っておかなければ後々後悔する知識があります

iPhoneを探す」とは

iPhoneを探す」とは簡単説明だけすると、手元にあるパソコンや友人/パートナースマフォなどで指定iPhoneを探すことが出来る機能です

実際には「iPhoneを探す」から失くしたiPhone使用しているapple IDでログインすると、そのアカウントに紐付いたデバイスがすべて表示されます

失くしたiPhoneオンライン場合ネットにつながる状態)、マップ上に緑色の○アイコン現在地が表示されます

つのアクションとその注意点

iPhone現在地にあたる緑の○アイコンクリックするとアクションとゆう項目が出てきます

アクションはそれぞれ

通常こういった事態に直面する方は「iPhoneを探す」を使うことが初めてのはずです

当然こういったアクションを見るのもはじめてでしょう

場所がわかったのだからすぐにこれらのアクション、とくにiPhoneを紛失時モードを実行したくなりますよね?

しかしこれら3つのアクションのうち特に前2つは行ってはいけません

大事なことです

緑色の○アイコンが出ている状態かつ、あたな自身がその○アイコンの近くにいない場合絶対にこの2つのアクションを行わないでください

アラートを鳴らす/紛失時モードを行ってはいけない理由

理由は明白です

もし仮にあなたが自宅に帰ってきてiPhoneをなくしたことに気づきiPhoneを探す」で1km先のスーパーマーケットに無事iPhone存在確認出来たとしましょう

あなたはそのiPhoneがどのような状態にあるかまでは把握できません

誰かが拾ってポケットの中にいれたかもしれないし、

スーパーマーケットの前の縁石に落としてしまったのかもしれない

こうした状況でアクションを実行したらなにがおこるか?

何食わぬ顔で手にした第三者は持ち主がこのiPhoneを追跡していることを知ることができます

それ故第三者はある方法iPhoneオフラインします。(ここでは方法を書きません。しかiPhoneを使いこなしてる人なら知ってることです)

そうすることで「iPhoneを探す」はもうこのiPhoneを追うことができなくなります

また縁石にあったiPhoneはけたたましい音をならしたことで悪意ある第三者を呼び寄せるかもしれません

ここにiPhoneがあるんだよと知らせることは、ここに砂金があると知らせるようなものです

そして前者と同様にiPhoneは持ち去られてしまうことでしょう。オフラインにされた後に・・・

iPhoneを探す」で行う正しい手順

これらのことを知ったあなたが取るべき行動はひとつです

iPhoneを探す」で緑の○アイコンから現在地を知れたなら

一刻も早くそ場所に行くことです

そしてそこに着いてはじめてあなたiPhoneを紛失時モードににするなり、アラートを鳴らすなりをするのです

だれにも拾われていないiPhoneならあなたの手元にそれはすんなり戻るでしょう

そして第三者の手元にある場合はけたたましくなる音によって場所をより特定することが出来ます

第三者がそのまま持っていってしまおうと思ってオフラインにするのを目撃出来る確率はぐんとあがります

それはあなたの手元にiPhoneを戻る確率をあげるのです

最後

いいですかくれぐれもこれらを守って下さい

そしてこれをまわりに周知してください

私のように自宅で確認して緑色の○アイコンだったからとすぐさま紛失時モードにしてアラートを鳴らせば

その途端にマップ上にあるiPhone灰色の○アイコン、即ちオフラインにされたあげく

もう二度とiPhoneを追うことができなくなるとゆうことを避けて下さい

いまでも私はアジアのどこかで分解されパーツごとに売り飛ばされた、私の手元に確かにあったiPhone7に思いをはせるのです