麺文学

パスターミナルのそばで僕に寄りそうめんどうくさげな彼女を見ながら、僕は意を決して、にゅうめん練習した通り「これからめんきょ合宿に行くのでもうどんなにお願いされてもしばらく会えないのだ」と伝えたところ、彼女は突然フォークリフト免許を取るなどと騒ぎ出したので、僕はほうとう麺食らってしまった。