梨の精と話した。

数年前の事、

散歩コース梨園の梨の木、数十本が全部切り倒されていた。

ほぼ根元から

なぜなんだろうと思っていたが、

或る日畑の持ち主らしき老人が作業していたので話しかけてみた。

増:「こんにちはー。」

老:「はーい。」

増:「もったいないですねー、病気か何かで切っちゃったんですかー?」

老:「いやー、やるやつがいねーんだよ。」

増:「そーなんですか。もったいないですねー。」

老:「しょうがねーんだよ。」

その程度の会話でその場を後にしてきたが、

もしこの梨園を借りられるのならば、借りて梨生産を行いたいという人は居たのではないかと思った。

ただ、この梨園での年間の売上高がどれほどのものだったのか、分かりはしない。

せいぜい数百万円、利益は微々たるものだったんだろう。

一般的サラリーマン以上の収入が有るのであれば、継ぐ人は居たんだろうな。

それが無いから、木を切るしかなかったのだろう。

あの頃就職先が見つからなくて、できるものならやってみても良かったか?等と考えてみたが、

木が切られた後ではどうにもならない。

あの時と同じ季節にふと思い出した。